So-net無料ブログ作成
検索選択

久々の更新です。 [週末日記]

久々の更新です。
忙しくなると、どうしても、ブログがご無沙汰になってしました。

今週、絵本作家のやなせたかしさんが亡くなられました。享年94歳だったそうです。

やなせさんは、絵本作家以外の分野でも活躍されていました。

デザイナー、編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作曲家、シナリオライターなど。作曲の分野では、『手のひらを太陽に』の名曲も生んでいます。

絵本作家としてのやなせさんの代表作は、なんと言っても、『アンパンマン』です。

当初の『アンパンマン』は、「貧困に苦しむ人々を助ける」という内容であったそうです。それは、未就学児には難解なもので、幼稚園の先生などから酷評されたそうです。でも次第に、子供たちから支持を得ていったそうです。

確かに、今でも、幼稚園や保育所の先生の中には、マイナスの評価を下す方もいるようです。

私が経験した嫌がらせは、こんなものでした。

子供が、保育園にいる時の話です。(仮に、イチローにしておきます)

ある日のこと、いつもの様に、3時のおやつが園児たちに配られました。その日は、バームクーヘンがおやつでした。バームクーヘンを配り終えた先生は、「みなさん、よく噛んで、食べてください」と。

園児たちが、バームクーヘンを食べ始めた時です。

先生は、こう言ったのです。
「イチロー君は、アンパンマンが好きだから、飢えてる人にバームクーヘンをあげないとね」

そして、イチローのバームクーヘンを取り上げて、隣にいた園児たちに分け与えたのです。

イチローは、かなり落ち込んで家に帰ってきました。

私は、どうイチローを宥めていいかわかりませんでした。

取り敢えず、イチローが食べ損ねたバームクーヘンを買ってきて、与えました。
また、イチローが好きそうな物を手当たり次第買って、イチローの機嫌をとりました。

後日、保育園に出向き、事情を聞きました。園の先生は、「考え方の違い」の一点張りでした。

園長先生との面談で、その先生は、ある新興宗教に関わっていて、そこの教祖が、「アンチアンパンマン」だったようなのです。いずれにしても、「公の仕事をやっているのに、それでは困る」と園長先生に伝えました。

園長先生も理解してくれ、その先生は、現場担当から外れました。

『アンパンマン』は、「自分が傷つくことなしに正義を行うことはできない」と言う、
やなせさんの哲学から生まれたものです。

『アンパンマン』を応援する園児たちは、頭で理解することより、心で理解しているのではないかと感じます。

私が、好きなやなせさん語録の一つです。これを紹介しておきます。

「アンパンマンは“世界最弱”のヒーロー。ちょっと汚れたり、雨にぬれただけでも、ジャムおじさんに助けを求める。でも、いざというときには、自分の顔をちぎって食べてもらう。そして戦います。それは私たちも同じ。みんな弱いけれど、そうせずにはいられないときもあるのです」




nice!(74)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 74

コメント 4

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

社会全体に、アンパンマンが居るといいですね。
みんなの、気持ちが豊かになり、
凶悪事件も減りますね。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2013-10-20 08:53) 

orange

アイコンの柄が変わっていたので、あら?と思いました。
秋ですね^^。
イチローくん、訳も分からず動揺したでしょうね。
アンパンマンは国民的ヒーローですね。いつまでも心に残る。
by orange (2013-10-20 15:07) 

ayu15

なんか困った先生もいるんですね。
by ayu15 (2013-10-29 18:51) 

hiro

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん
仰る通りだと思います。

orangeさん
そうなです。アイコン変えました。
気づいていだたきましてありがとうございます。

ayu15さん
ほんとうに困った方でした。

皆様、訪問&ナイス&コメントありがとうございました。

by hiro (2013-11-03 17:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。